とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

ニュース(295件)

十勝毎日新聞紙面から、ママ、パパの生の声を伝える特集記事「ニコのびクラブ」や、注目の「子育てニュース」をご紹介します。

【子育てニュース】子育て支援センター開放 愛称は「Yosuga」 士幌町 保健師常駐、授乳スペースも

 【士幌】町が設置の準備を進めていた子育て世代包括支援センターが25日、町総合福祉センター内で「Yosuga-よすが-」の愛称で開放を始めた。妊娠期から子育て期までの相談窓口として、子育て支援や医療などの関係機関と連携しながら保護者のサポートに当たる。 【2020年09月27日付十勝毎日新聞に掲載】 【写真説明】一般開放を始めた町子育て世代包括支援センター「Yosuga」。右が小野寺さん家族  同センターは、空き部屋となっていた介護用品展示室(約60平方メートル)を改修。床にカーペットを敷き、ベビーベッドや診察ベッドを配置し、子どもの身長や体重の計測、授乳ができるスペースや子ども用トイレを整備した。  母子担当の専任コーディネーターでもある中捨里香さん(町保健福祉課保健介護グループ)ら保健師が常時、出産や子育てに関する悩みを抱えている保護者に接し、必要に応じて関係機関と協力して支援していく。  「多くの人が気軽に立ち寄ってもらえるように」(町保健福祉課)と同センターの愛称を公募したところ、10人から計13件の応募があった。「よすが」は、身や心を寄せて頼りとする所を意味する言葉で、町内在住の小野寺早央里さん(30)が命名した。  25日には“名付け親”となった小野寺さんと夫の僚さん(31)、娘の紫(ゆかり)ちゃん(2)を招いたセレモニーと内覧会を実施した。小林康雄町長が「愛称の通り、子育て中の親のよりどころになれば」と話し、小野寺さんは「愛称が選ばれてびっくりした。授乳ができ、子どものトイレも完備されていて便利に感じる。これから利用していきたい」と話していた。  開設時間は平日午前8時半~午後5時15分(土・日曜、祝日、年末年始は休み)。問い合わせは町保健福祉課(01564・5・2108)へ。

new
とかち子育て応援ラボ
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース