とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

とかち子育て応援ラボの投稿一覧(434件)

まずは苗植え。参加者大募集!!~18日「キッズトライ農園」スタート!

【幕別】子どもたちが自ら野菜を育て、調理して食堂も開く「キッズトライ農園」の1回目の農作業が18日に、幕別町の十勝ヒルズ内の畑で行われる。参加する子どもを募集している。  同農園は十勝ヒルズや一般社団法人とかち子育て支援センター(帯広)の長岡行子代表らが今年初めて企画した。9月まで毎月全5回の栽培・収穫体験を行い、10月に子ども自身がプロデュースする「食堂」を開く。  18日は「野菜の苗を植えてみよう」で、午前10時~同11時半の開催を予定している。参加は毎回募集だが、全部を通しての申し込みも可能。土に触れることを大切に、農業や食につながる話も行う。  対象は5歳から小学生までで、今回の定員は先着15人。費用は1500円(十勝ヒルズのキッズパスポートと、ランチボックス付き。保険料込み)。ランチは作業後に農園で食べることもでき、家族分を1人700円で追加できる。  問い合わせ、申し込みはキッズトライ窓口のVESS(ベス、長岡代表、0155・38・3558)へ。 ◆◆◆◆◆  【幕別】子どもたちが野菜を育て、調理して食堂を開く「キッズトライ農園」の取り組みが始まった。大型連休に合わせて看板を作り、体験場所となる十勝ヒルズ(幕別町日新)内の畑に設置した。  キッズトライは子どもたちの学びの場として、一般社団法人とかち子育て支援センター(帯広)の長岡行子代表らが行っている。体験を通じて未来への夢や希望を育もうと、職業体験や音楽ワークショップなどに取り組んでいる。  今回始まる農園は、子どもたちが野菜を育て、調理することで愛着や達成感などを感じてもらおうと企画。9月まで毎月、野菜作りを行い、10月に子どもたちによる「食堂」を開く。  看板作りは4月28日に現地で行われた。小学生9人が参加。木を切るところから始まり、大人の手ほどきを受けながら、ペンキで色を塗ったり文字を書いたりする作業に汗を流した。看板は3基設置。参加した田中希桜(きおう)さん(幕別札内南小1年)は「木を切るのがちょっと難しかった。おいしい野菜が育ってほしい」と今後の活動を心待ちにしていた。  活動は1回のみの参加も可能。参加対象は5歳から小学生まで。定員は1回10人の予定。費用は各回1500円(ランチ付き)。5月に野菜の苗を植え、その後、収穫や食堂などの体験に取り組む。  活動を支援する一般サポーターも募集中。会費は1口1万円。食堂への招待や野菜プレゼントなどの特典がある。申し込み、問い合わせはとかち子育て支援センター(長岡さん、0155・38・3558)へ。

new
とかち子育て応援ラボ
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. トピックス