とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1343view
8good

仕事をしていてイラっ。
子育てをしていてイラっ。
何事もうまくできない自分自身にイラっ。

気がついたら毎日イライラしていて激おこぷんぷん丸。
疲れちゃいますよね。

ボク自身、すっごくイライラしやすくて短気選手権があれば、東日本ではチャンピオンになれんじゃないかというくらい、イライラのセンサーの感度が良好でした。

そんなボクが、とあるきっかけで自分自身の感情と向き合うことを知り、(練習中ですけどね)イライラだと思っていたことが、他の感情から派生したものだと気がつき始めました。
怒りの原因と向き合ってみるですね。

例えば、
子どもが着替えられるのに、「やって」と甘えてくる。
これに対して「自分でやりなさい!!」の裏には、自分でできるほうになってほしい!や、私だって忙しいのよ!そんな背景を俯瞰せずにイライラしているんですよね。
また、誰かに嫌なことを言われて起こる場合は、自分が傷ついたという〝悲しい〟が怒りに変換されていることが多いですよね。

こんな風に自分の感情と向き合っていくと、自分の傾向がわかってくるんです。
自分で自分を知るって恥ずかしいですけどね。笑

とはいうものの、そんな渦中で冷静に自分を俯瞰するなんて、犬と猿が仲良くするくらい難しいんです。
もちろんボクもできていませんよ。

だけど、過ぎたことを振り返ることはギリギリできるので、一日の終わりにその日のイライラエピソードをノートに書き殴り、その感情の根本を書き出すようにしています。
ボクの場合は、〝寂しい〟からの八つ当たりが多かったことに気が付きはじめ、今までのパートナー、本当にごめんなさい。という心の中でたくさん土下座をしています。笑
なんせ、電話にでないだけで怒ってましたからね。
怒りん坊じゃなく、寂しん坊でした。笑

ここまでイライラしやすい人は珍しいかもしれませんが、〝なんだかイライラしちゃって〟と思っている方は、感情と向き合ってみると少し楽になるかもしれませんよ。

この記事に「good!」と思ったら押してください

8good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2535

関連トピックス:コラム

  • じゃらら
  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. イライラと向き合ってみる。