とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

132view
2good

 住宅メーカーのホーム創建(帯広市、阿部利典社長)は今月、ショールーム「住まい館」に赤ちゃんと一緒に商談ができる「ベビー商談室」を設置した。同社によると、全国的にも珍しい取り組み。子育て世代の家作りを応援する。
【2020年12月9日付け十勝毎日新聞に掲載】


【写真説明】赤ちゃんと一緒に住宅相談ができる「ベビー商談室」

 同社ではもともと、女性スタッフが対応し、小さい子どもが遊べるキッズスペースを用意していた。ただ、母親のそばにいないと泣いてしまう赤ちゃんもおり、抱きながら商談をする姿も見られた。

 赤ちゃんを母親の手の届く範囲で遊ばせておきながら、気軽に住宅相談をしてもらおうと、契約室だった部屋を改築して座敷スタイルの商談室を設置した。同社の現役子育て中のスタッフ3人でアイデアを出し合いながら、遊びに夢中になるおもちゃを用意したほか、授乳やおむつ交換、備え付けのキッチンを使ってミルクを作ることもできる。広さは9畳(約15平方メートル)。

 8日に商談で訪れた利用者は「子どもをどこかに預けてこなくていいのが良い。おもちゃも充実して飽きることもなかったので、集中してじっくり話が聞けた」と話していた。

 同社リフォーム課主任の山際琴美さんは「子どもが安心して遊べて、大人は商談に集中できる空間を作ることで、ストレスなく家作りをしてもらえれば」としている。

この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2233

関連トピックス:ニュース

  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】子連れでも安心 住宅相談 「ベビー商談室」設置 帯広のホーム創建