とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

426view
38good


新学期がスタートしました。
ご入学、ご進級のみなさん、
おめでとうございます。
まだお父さんお母さんの傍らで
一日一日をのんびり過ごせる小さい子どもたちも、
春はピカピカ輝いて
いつもより少し大人びて見えるようです。

先月、
我が家の末息子が晴れて大学生になり、
家を出ました。
長女が生まれて以来
26年余りの子ども中心の生活に終止符。
私にとってもまた新しい春が訪れました!

さて、
そんな話がずっとずっと
はるか遠い先のように思えている皆さんへ。
あなたの子どもは、
あなたの所有物ではありません。
(私は、天からの預かりものだと思っています。そう思うと、どの子も同じくらい大切な存在に思えてくるのです。)
一見未熟に映る子どもたちは、
一人ひとりがみんな違った個性を持ち、
唯一無二の可能性を秘めています。

子育ては、
名もない苗木を大切に育て、
花を愛で、
実りの日を楽しみに待つ心持ちに似ています。
ときには横殴りの雨や風や、
嵐に見舞われることだってあるけれど、
慈しみ栄養を与えながら、
光のさす方へと伸びゆく姿を待つ日々です。
どんな花を咲かせるのか、
どんな実をつけるのか、
ひたすらに祈ることだけが
親の務めではないかと振り返っています。

冒頭のおまじない、
子どもたちがたっぷりとお世話になった
幼稚園時代の先生が教えてくれました。
よその子と比較して
我が子を見ることに全く意味はありません。
オンリーワンの我が子の存在を受け止めて、
丈夫な根を張り、
太い幹が育つように
支えていきたいですね。

嵐が過ぎるのを待つには、
分かち合える人の存在が必要です。
雨の日も風の日も
一緒に支え合えたぷれいおんの仲間や、
子どもにつながり出会えた
さまざまな人たちに、
今しみじみと感謝の思いです。

今村江穂(いまむら・みずほ)
1967年、北九州市生まれ。97年に帯広市に転入。
2003年~前身帯広西おやこ劇場の運営委員長を経て、2006年NPO法人子どもと文化のひろばぷれいおん・とかちを設立、理事長に就任。
こどもの遊びや体験活動、子育て支援など、子育ち親育ち環境の充実をめざして多世代で活動中。
2013年~帯広市ファミリーサポートセンター事業受託。
こども環境学会認定こども環境アドバイザーも務める。
16歳から24歳までの1男2女の母。
十勝管内芽室町在住。

この記事に「good!」と思ったら押してください

38good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1919

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. くらべない、あせらない、いそがない