とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

健康の検索結果(11件)

【子供の健康】乳児のM字形開脚は正常な発育に大切です

 乳児の両脚は、正面から見て膝と股関節を曲げてM字形にして、自由に動かせる姿勢が好ましく、正常な発育に重要なポイントにもなります。赤ちゃんの扱いや衣服に注意しなければ、「発育性股関節形成不全」と言う股関節の病気を引き起こすことがあります。帯広厚生病院小児科主任部長・植竹公明先生の協力で注意点などをまとめました。 男の子より、女の子に多く、逆子で生まれた子どももなりやすく  股関節は、球形になっている大腿(だいたい)骨の先端(大腿骨頭)が、おわんをひっくり返したような形になっている骨盤の「臼蓋(きゅうがい)」にはまっています。  発育性股関節形成不全では、股関節が生まれつきゆるかったり、臼蓋の形状が不完全で大腿骨頭が臼蓋からはずれた状態になります。男の子より女の子に多く見られ、家族に股関節が悪い人がいたり、逆子や寒い地域・時期に生まれた子どもが発症しやすいと言われています。以前は先天性股関節脱臼と呼ばれていましたが、生まれてからなる場合も多いため最近では発育性股関節形成不全と呼ぶようになりました。1970年代に発生率は出生数の2%ほどでしたが、現在はその10分の1程度まで減少しています。早期に気付いてあげなければ、治療が難しくなり、年を重ねてから股関節に痛みが出て、立ったり、歩いたりするのが困難になる「変形性股関節症」になる原因にもなります。 脚を伸ばす抱き方、衣服、抱っこひもは注意を  胎児は、母親のおなかの中で脚をたたんでいます。生まれた後もしばらくは、その形が自然です。赤ちゃんの股関節は非常に柔らかく、骨も成長段階なので臼蓋のくぼみが浅いため、そこにはまる大腿骨頭が外れやすい状態です。M字形に開いている両脚を合わせた「気を付け」や「内股」は外れやすい姿勢となります。できれば、歩き出すぐらいまでは、両脚をそろえずに、股を開いた状態で脚を自由に動かせるようにしましょう。抱っこするときは、首をしっかりと支え、たて抱きにする「コアラ抱っこ」が推奨されています。  最近は、発生数の減少に伴い股関節脱臼への関心が薄れてきています。布のような物に包んで抱っこする用具は、赤ちゃんの脚が伸びた状態になり股関節脱臼になりやすく、抱っこひもでも両脚が十分に開かないタイプ、オムツで脚がM字型になりづらいものもあるので注意が必要です。 装具を着けて治らないときは入院して治療が必要に。早期診断が大切  発育性股関節形成不全の治療は、「リーメンビューゲル装具」というひも形の装具を脚や体に装着して、股関節の脱臼が元の位置に戻り、安定するようにします。数カ月着けることになり、関節が安定するまでは、入浴ができません。多くの場合は、この方法で元に戻りますが、リーメンビューゲル装具で関節が戻らないときは、重りで脚を引っ張るけん引療法や手術が必要な場合もあります。  最近では症状が発見される前に、生後3~4カ月に整形外科で検診を受けることが推奨されています。家庭でのチェックポイントは、①股関節が開きにくい、②股関節を動かすときに音が鳴る、③仰向けで寝かせて両脚を伸ばした時に太腿の皮膚のシワに左右非対称がある、④仰向けで寝かせて両足をそろえ、股関節と膝を曲げて膝を立てたとき、左右の膝の高さが違う、などです。このような症状があれば整形外科に相談することをお勧めします。 取材協力=帯広厚生病院小児科主任部長:植竹公明先生 この特集記事は十勝の生活応援マガジン「Chai」に掲載された「Chai子供の健康」を再編集したものです。 Chai電子書籍版はこちら:https://www.catapoke.com/?mict_code=10

とかち子育て応援ラボ
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. トピックス