とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

お知らせ(158件)

ラボからのお知らせです。主催、後援事業などの活動報告、募集・告知を掲載します。
とかち子育て応援ラボは子育て層対象のワークショップ「話そう、学ぼう!パパママワーク」を開催しています。
☆「帯広葵学園」はとかち子育て応援ラボの活動を応援しています!☆

【PR☆帯広葵学園☆】職員リレーインタビュー23~あおいキッズランド綠川麻依子先生

☆「帯広葵学園」はとかち子育て応援ラボの活動を応援しています!☆ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 学校法人帯広葵学園の幼稚園や保育園、教室などの職員の方々を紹介するリレーインタビューです。毎月1人が登場し、各園や施設の特徴や目指す保育の姿、それぞれの夢や目標などを語ってくれます。 第23回目はあおいキッズランド(帯広)の綠川麻依子先生(みどりかわ・まいこ)先生です。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ Q.「あおいキッズランド」はどんなところですか?  今年の9月にできたばかりの保育園です。葵学園では初めての企業主導型保育園で、働くお母さんのお子さんをお預かりするのですが、管内の企業と提携をして、その企業で働く従業員のお子さんをお預かりします。また、地域のお子さんも条件を満たせば入園することができます。土曜日も開園していて、日曜日と祝日、年末年始がお休みになります。  受け入れは0歳から2歳までの未満児で、今は0歳児4人と1歳児2人、2歳児4人の10人です。定員は12人で、11月から0歳児さんが1人増える予定です。  小規模ですので、一人ひとりに目を向けられる保育園です。今は4人を2人で見るという手厚い環境です。お母さんたちとも送迎の時などきちんとお話ができます。できたばかりなので「こんな保育園にしたいな」とお母さんたちとも一緒に作っていくという段階です。よく笑って、よく遊んで、よく食べる子、そして“たくさん愛情を注ぐことができる保育園にしたいね”と話しています。 Q.1日の流れを教えてください。  午前9時半ごろには園児が揃います。園庭がないのと、今は隣が工事中なので、午前中はだいたい毎日散歩に行きます。昼ご飯を食べてお昼寝して、午後もお散歩に行ったりとかします。立地が良く歩いていろいろなところに行けるので、緑ヶ丘公園や図書館、駅にも行ったりします。駅のエスタで「おいしそうだね」って言ったり、見るだけですけど(笑)    今日は誕生会でしたが、ハロウィンもやったり、遠足にも行きました。遠足は動物園まで歩いて行きました。子ども達はカートに乗ってですけど(笑)。来月はクリスマス会、お餅つきもできたらと思っています。行事も自分たちで何がしたいかを話して決めています。 Q.先生のことを教えてください。どうしてここで働き始めたのですか?  私は児童発達支援や放課後等ディサービスなどを行う「あおいとりプラス」にいました。療育の方にいたのですが、新しく開園するということで声を掛けていただきました。  生まれは母の実家の青森で、帯広で育ちました。母も保育士で、私は帯広市内の保育園に通っていたのですが、その時の先生が大好きで、卒園児のことも大事にしていて、とてもいいなと思ったので保育士を目指しました。  通っていた保育園はとても活発な保育園で、キャンプに行ったり、石包丁でカレーを作ったりととても楽しかったです。担任の先生は飾らず気取らない人でしたが、一緒にいると安心するという感じでした。担任の先生に憧れたのと、母に憧れたのと、物心ついたときには「保育士になりたい」と思っていました。  母を見ていると“大変そうだな”とは思いましたが、やりがいを持って働いていて、一度も辞めていないんです。新卒から育休も取らず、産休だけ取ってずっと働いています。充実しているんだと憧れます。あと弟がいて、小さい子の面倒を見るのも好きで、そういうこともあり保育士になりました。 Q.あこがれの担任の先生とは今もお付き合いがあるのですか?  担任の先生とは、今でも食事に行ったりするんです。卒園してからも年に一回はみんなで集まってます。小中高、社会人になってからも。保育園に集まってお泊まりしたりとか、15歳の集いというので集まったりとか、すごく卒園児を大事にしてくれるんです。   私が保育士になったときはすごく喜んでくれました。短大に行って実習先もその保育園で、その先生が担当だったんですけど、日誌とか付箋まみれで返ってきました(笑)。  ただ就職は障害者支援施設に入りました。大人の施設に4年半勤めました。社会福祉士になりたくて。短大の実習で障害者支援施設に行ったんですが、こういう人たちに携わるのもいいなと思いました。その後、院内保育園で勤めた後、あおいとりプラスに入りました。あおいとりプラスは、子どもの内にどんなことができるのかを見てみたいと思いました。 Q.働き始めて2カ月少しです。今どんな風に感じていますか?    毎日楽しいですね。お母さんたちともいろいろ話して、未満児は大変ですけど、やっぱり可愛いいです。まだ話すことはできませんが、思っていることは何だろう?と考えることにはやりがいを感じます。まだ2カ月と少しですが、初めはハイハイをしていた子が少し歩けるようになったりとか、成長が目に見えるのが嬉しいです。初めてのことを見るのは喜びですね。「今日は3歩歩きましたよ」とか、お母さんに伝えるととても喜んでもらえます。  音楽をとても大事にしているんです。今月の歌を4曲歌ったり、手遊び歌もします。ここの先生は音楽経験者が多いんです。音楽療法士の方もいますし、ギターの弾き語りをする人もいます。私は吹奏楽部でした。中学の時はアルトサックス、高校では「ダンプレ」の池田高校でパーカッションを担当していました。音楽は情緒的にもとても良いと思います。だからクラスの名前もみんなで付けたんですが、「たいこ」「らっぱ」と楽器の名前なんです。私のクラスは「すず組」です。  童歌やアンパンマン体操をやったりもします。最近はお誕生会でみんなで踊った「パプリカ」を練習したりしています。他の園に比べても、音楽が溢ていると思います。 Q.これからの目標などはありますか?  0歳から見ているので、この子たちがどんな大人になるのかが楽しみです。音楽が好きな子になってほしいなあと思います。私がそうしてもらったように、この子たちとずっとつきあって行けたらと思います。私に憧がれて保育士になりたいと言ってくれたら嬉いですね。「キッズランド出身だもんね」って仲良く、年に1回は会えるようになれたらいいですね。  子ども達に影響を与えられるようになりたいと思います。

とかち子育て応援ラボ
  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. お知らせ