とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

472view
5good

3歳の頃から16歳までの約12年間、支援をしてきた女の子がいるのですが、おととし進学のため北海道を離れました。

だけど、そこで関係は終わりではなく、長期休みのたびに会いに来てくれるというボーナスタイムまでいただいているのです。

はい。めちゃくちゃ幸せです。

その子がこの春休みにも会いに来てくれたのですが、会うたびに成長していて、ほうれん草の成長と同じくらい早いのではないかと驚かされます。

その成長は親のようにめっちゃくちゃ嬉しいオガワなのですが、その一方で、いつかは離れて行く寂しさも同時に感じています。

そんな複雑な気持ちは、胸にギュギュッと押し込んで、「最近どう?」なんて他愛のない会話からスタートしたのですが。。。

ひょんなことから「お母さん、私たち(姉も遠方へ進学中)のために、頑張って働いてくれてるんだよな」なんてこと言っちゃうんですよ。

その先の言葉は「頑張ってるね」だったのですが、これは間違いなく「ありがとう」だったんだろうなと確信しました。

はい。1+1=2であるのと同じくらい間違いないです。

高校2年生の精一杯のありがとうです。

距離が近くなればなるほど、感謝の気持ちが大きいものほど、改まって感謝をすることが恥ずかしくなってきますよね。

かく言う私も、Noありがとうが代名詞なもんで、痛いほどその気持ちわかります。

それにしても、〝このポケモン、キモいかキモくないかゲーム〟という主観に基づいたクイズをしていたあの子が、自分の今の生活があるのは当たり前ではなく、シングルで育てている母のお陰だと気がつくなんて。

モーレツに感動です。

次、会いに来てくれる時はまた成長しているんだろうな。

また、会えるのが楽しみです。

この記事に「good!」と思ったら押してください

5good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2594

関連トピックス:コラム

  • じゃらら
  • 情報投稿ポスト
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 「ありがとう」って照れちゃうよね。