とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1534view
6good

みんなが楽しそうに遊んでいても、その輪の中には入らずに、見ているだけだったり、別な活動をしている子っていますよね?

実はボク自身がそんな子だったので、その子の気持ちがわかるんです。
それは、参加したくないのではなくて〝わからない〟や〝うまくできない〟が大半だったように思います。

『線鬼しよー!!』って言われても、「線鬼のルールわからない!」ってなるから、「やらなーい」ってなるし、『だるまさんころだをしよう!』って言われても、「じっとしているの苦手だしなー」なんて思いから「やらなーい」ってなるんです。
はい。今もじっとしてられません。

みんなが楽しんでいる遊びに参加しない背景には、家政婦は見た!の市原悦子さんばりに〝不安〟が覗き見しているんです。
正真正銘の「あらやだ」の登場です。

そんな背景があるのに、「楽しいよ」「やってみよう」なんて一方通行の声かけをしても効果はありません。そこで〝安心〟を登場させてください。
それは〝どんな活動(ルール)〟なのか、もうひとつは〝上手くできなくても大丈夫(サポートするよ)〟という信頼感だとボクは思っています。

この2つを保証してあげるだけで、活動に参加しやすくなるので、寄り添っていけたらいいですよね。

「できないことは、やるのが怖い」これは、大人も子どもにも共通ですよね。

この記事に「good!」と思ったら押してください

6good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2541

関連トピックス:コラム

  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • じゃらら

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. やりたくないわけじゃないんです