とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

725view
32good

とかち子育て応援ラボコラム #1

はじめまして。この度、ご縁がありましてこちらのコラムを書かせていただくことになりました髙谷麻衣と申します。

よく、何者ですか?!って言われることが多いですが、ただの主婦ですヽ(´▽`)/
私は現在帯広市のファミリーサポート事業の提供会員として活動しています。
私のモットーは、がんばるママを応援したい!子育てをもっと楽しもう!です。
日々の子育てのエピソードや、ファミリーサポート(通称ファミサポ)の活動の様子、ママとして、一人の女性としての感じることなどを、ごく普通の主婦目線から綴っていきたいと思います。
子育て中のママたちのちょっとした応援になれたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いたします。


 今回は初めてなので、なぜファミサポの提供会員になったのかのお話をします。

 私は結婚するまで札幌市の保育園で保育士として働いていました。結婚出産を機に退職し、転勤族の妻となったわけですが、子どもについてたくさん勉強してきたにも関わらず、いざ子どもを産んだらわからないことだらけ。こんなに知識がある私でもわからないのに、一般の学んでいない人が突然お母さんになったら…?と感じました。

 私の働いていた保育園では、子どもの発達のことや離乳食のことなどこと保護者に伝えていました。でも、家庭で育てるお母さんは誰に相談し、どこから学べばいいんだろうと。

 幸いにも、当時住んでいた小さな町は、支援センターが毎日朝から夕方まで開所しているし、検診も3か月おきにあり、細やかなサポートが受けることができました。しかし、次女を産んですぐに帯広市に転入。主人は多忙でほぼ家にいず、ほぼ年子の姉妹との生活はてんやわんや。そんな時に助けてくれたのが、同じマンションに住むママたちや子育て支援センターの先生たちでした。子どもを少しの間だけ見てもらったり、ちっちゃなことを相談したり、買い物に行ってもらったり。精神的にも物理的にもたくさんお世話になりました。

 

 こんな経験から、家庭で子育てするお母さんも、安心して預けられる人、ちょっとしたことを相談できる相手、ちょっとでも息抜きしたり、1人でゆっくり買い物したりする時間がほしい。そんな願いを叶えるお手伝いを今度は私がしたい。子育てをがんばっているお母さんの力になりたいと強く思い、ファミサポの提供会員になりました。

 子育ては1人ではできません。誰かに頼っていいんです。1人で頑張らなくてもいいんです。あっという間に大きくなる子どもたち。その瞬間を大切にしたい。もっと子育てを楽しみたい。ママの元気は子どもの元気につながります。私自身もまだまだ子育て真っ最中。泣いて笑って、子どもと一緒に自分も成長☆そんなことを想いながら、自分の子育てとママたちの応援を楽しんでいます。

ファミサポの詳しい情報はこちら

関連記事はこちら→十勝毎日新聞電子版ジャーナル(無料公開中)

髙谷 麻衣(たかや まい)
1983年生まれ。札幌出身。
7年間保育士として勤めた後、結婚出産を経て2014年に帯広市に転入。
帯広市ファミリーサポート事業の提供会員として、家庭で子育てするお母さんのサポーターとして活動中。
その他、小学校での読み聞かせボランティアや子育てママのミニバレーサークルを運営。小学生2人の娘の母。

この記事に「good!」と思ったら押してください

32good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2302

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. がんばるママを応援したい!