とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1397view
22good

シルバーウィークだった先週、子供がRSウィルスに感染し、保育園を1週間お休みしていました。

小さいお子さんをお持ちの方なら経験している方も多いと思いますが、
2日くらいならまだしも、1週間登園できないとなると仕事も休まざるを得ません。

わが家は主人の会社の年間有休が10日間しかありませんので、
ほとんどの場合、仕事に融通がきくことの多い私がお休みをとります。

在宅でできるものは在宅で、打合せは日程変更などしますが、熱があるだけでとっても元気な2歳児が家にいる状態では、まともに家で仕事などできるはずもありません。

さて、こんなときどんな仕組みがあったら、
小さい子供をもつお母さんは安心して働けるかな?と考えてみました。
(病児保育を利用する方法が一番ですが、そんなサービスもない場所を想定して書いています)

案①:常に2人ペアでプロジェクトを担当する。
首都圏の大手の企業に務めていたときは、ほとんど1人で打合せにでることはありませんでした。
リスクヘッジのために必ず2人で打合せに出席し、
取引先からのメールも2人宛にだしてもらうようにしていました。
しかし、これは十分な人手が避ける大手だからこそ。
地方の中小企業の場合は、そんな2倍の工数を割くのはけっこう大変かもしれません。

案②:チーム全員に、いざとなったら子守りをするルールを適用する
長期休みのときに一番困るのは、大事な打合せや商談があるとき。
ちょっと強引ですが、家族が子供の面倒を見られないとき、職場の人が打合せの時間だけでも子供と一緒に留守番してくれたら、母としてはかなり助かりますね。
この場合は、日頃から子供達とチームの社員のコミュニケーションをとるようにしておくことが大事でしょうか。

他にも、日頃から自分のタスクに優先度(絶対外せない商談はAAAなど)をつけて全員と共有しておくなど、
万が一の事態に対処するための工夫は考えられそうです。
子供を持つ親の自分勝手な妄想だと思われるかもしれませんが、
このような環境を整備していかないと、ただでさえ人手不足の地方はやっていけないのではと思います。

そこで!【あなたの職場に神宮司を派遣します!】はじめます。

これまで、子育て中の母と職場の関係を中心にコラムを執筆してきました。
これから子育て中のお母さんが働く環境を改善したい企業さん、私と一緒に対策を考えませんか?
会社員経験もそこそこ長いし、子育て中のお母さんの気持ちもわかるので、自慢じゃないですがいいアドバイスができると思います(笑)
ちなみに無料です
(交通費の代わりにおいしいお菓子をください)。

そんな企業いないかもしれないけど、ご応募お待ちしてます!笑

神宮司 亜沙美(じんぐうじ・あさみ)
大樹町地域おこし協力隊。
中学卒業まで大樹町で過ごし、15年ぶりにUターン。自然に囲まれた地元で子育てをしながら、地方でも女性が活躍できる仕事を作る!ために2年後の起業に向けて、日々様々なことにトライしている。
2015年12月に元システムエンジニア&ライターとしての経験を活かし、大樹町のいいなを紹介するローカルメディア「ソラユメ」を立ち上げる。
大樹町在住、夫(33歳)、息子(1歳)の3人家族。

大樹町地域おこし協力隊
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/
ソラユメ
http://sorayume-taiki.net/


この記事に「good!」と思ったら押してください

22good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=843

関連トピックス:コラム

  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. ウィルス性の風邪で子供が1週間休み!?