とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

663view
2good

 一般財団法人帯広地方交通安全協会(若林剛会長)は十勝管内の小学1~3年生に、「うんこ交通安全ドリル」を無料配布している。子どもたちに大人気の「うんこ先生」の力を借りて、無事安全な学校生活を送ることを願っている。【2022年04月20日付十勝毎日新聞に掲載】


 「うんこドリルシリーズ」は「うんこ先生」などの魅力的なキャラクターが登場する小学生向けの学習本。2017年の発売から2年でシリーズ累計発行部数820万部を突破した大ヒットドリルで、全国の子どもたちに支持されている。

 交通安全版はトヨタ・モビリティ基金が製作し、交通安全関係団体などを通じて全国各地で配布。帯広署によると、釧路方面本部管内では初めてという。小学1・2年生は歩行者編、3年生は自転車編が配布される。内容は「大きなうんこをつんだトラックが止まっています。どうしますか」など、「うんこ」を随所に取り入れたクイズ形式で、子どもたちが交通安全に興味を持って取り組める教材となっている。

 14日に帯広市役所で贈呈式が行われ、同協会の高薄健副会長が市教委の広瀬容孝学校教育部長にドリルを手渡した。広瀬部長は「文字で交通安全について教えるより、『うんこ先生』という人気キャラクターと学ぶ方が確実に効果があると思っている」と感謝した。

 帯広署の林秀明交通官は「入学シーズンから夏休み期間の8月までで、小学生の交通事故の半数以上を占めている。家庭でもドリルを活用し、事故防止に役立てて」と呼び掛ける。

 同ドリルと小学4~6年生に配られるチラシには、それぞれQRコードが添付されており、スマートフォンなどで読み込むことでドリルとは別の交通安全クイズを楽しめる。
(山田夏航)

この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2425

関連トピックス:ニュース

  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • じゃらら
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】「うんこ先生」と学ぼう交通安全 十勝の小学生にドリル配布