とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

481view
2good

 【大樹】新しい年度が始まった1日、十勝管内の多くの保育園や認定こども園で入園式が開かれた。【2022年04月01日付十勝毎日新聞に掲載】



 同日から運営がスタートした大樹町の「認定こども園たいき」(園児・141人)では午前9時から入園式が開かれ、真新しい園舎に子どもたちの歓声がこだました。

 大樹福祉事業会(佐藤英道理事長)が運営していた大樹北、大樹南両保育園を統合し、園舎を新築した。園舎は自然光を取り入れる明るい構造で、広々としたホールも特徴。

 運営初日に当たり、入園式は在籍する全幼児が対象。コロナ対策として年齢ごとに区切り、順番にセレモニーを開催した。

 午前中は1~3歳児が対象で、計76人が参加。園長を兼ねる佐藤理事長が「新しい園舎で楽しく、大きく育ってください」とあいさつ。佐藤湊也ちゃん(3)は「(新園舎は)広くて楽しい」と笑顔を見せていた。(能勢雄太郎)

この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2414

関連トピックス:よむ

  • 十勝毎日新聞電子版
  • 帯広葵学園
  • 情報投稿ポスト
  • じゃらら

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. よむ
  3. 【子育てニュース】保育園で入園式 「認定こども園たいき」は新園舎で園児迎える