とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

5289view
16good

 7月6日~9月1日に道立帯広美術館でデジタルアート展「チームラボ 学ぶ未来の遊園地」が開催される。プログラムで動き、見て、触って楽しめる多彩な7作品を展示する。

 十勝毎日新聞社の創刊100周年事業。チームラボは東京大、東京工業大出身のメンバーを中心に立ち上げたプログラマー・クリエーター集団。国内では東京豊洲、お台場などに常設展がある他、海外でも活躍している。

 お台場の「森ビル デジタルアートミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」は開業から5カ月で、昨年11月に来場100万人を突破。1万平方メートルの施設内で、60以上の作品が楽しめ、海外からの観光客にも人気だ。内部は撮影自由で、SNSなどで魅力が拡散されている。

 帯広での展示は、花でできた動物が動く「花と共に生きる動物達」。来場者が描いた絵が作品に反映される「お絵かき水族館」、水に浮かんだ○△□の上をケンケンすると音が鳴り軌跡が変化していく「天才ケンケンパ」、滑り台を滑ると花や実が現れる「すべって育てる! フルーツ畑」など。親子で楽しめ、2020年度以降、小・中学校、高校で順次必修となるプログラミング教育の参考にもなる。

販売場所は道立帯広美術館、かちまいサロンなどで。問い合わせは、同展実行委員会(勝毎光風社0155・22・7555)へ。

◆作品の中に


子どもたちに大人気の「すべって育てる!フルーツ畑」(チームラボ提供)

◆触れると動く


お台場・森ビルのチームラボ会場。人が触れるとこびとが動く展示(上)は帯広でも登場する

この記事に「good!」と思ったら押してください

16good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1894

関連トピックス:お知らせ

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【お知らせ】7月から帯広美術館でデジタルアート展「チームラボ 学ぶ未来の遊園地」