とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

150view
6good

 やけどの後、流水で20分間以上冷やす応急処置を受けた子どもでは、別の方法で手当てを受けた子どもに比べて、皮膚の移植や入院するリスクが低い、とオーストラリアの研究グループが発表した。
【2020年06月15日付十勝毎日新聞に掲載】

 研究グループは、やけどをして治療を受けた子ども2495人を対象に、やけどの3時間以内に冷たい流水で20分間以上冷やすという「適切な応急処置」を受けた例と、それ以外の手当てが行われた例でのその後の経過を検討した。適切な応急処置を受けていたのは、全体の7割超の1780人だった。

 解析の結果、適切な応急処置を受けた患者は、そうでない患者と比べて、皮膚移植手術を受けるリスクが40%低く、皮膚の深部まで損傷が及ぶリスクは60%低かった。さらに、入院や手術室での治療が必要になるリスクも低かった。

この記事に「good!」と思ったら押してください

6good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2128

関連トピックス:ニュース

  • 情報投稿ポスト
  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】子どものやけども 「冷たい流水で20分」