とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1088view
4good

 NPO法人子どもと文化のひろば「ぷれいおん・とかち」主催の子育て講演会が1月26日、帯広市内のとかちプラザとオンラインで開かれた。認定NPO法人フリースペースたまりば(神奈川県)理事長のにしのひろゆきさんが、生きていく力を育むための肩ひじ張らない子育てについて語った。
【2022年01月27日付十勝毎日新聞に掲載】

【写真説明】画面越しに「親だって失敗していい」と語り掛けたにしのさん

 会場とオンライン合わせて約60人が耳を傾けた。にしのさんは1986年から不登校の子どもや若者の居場所づくりに関わる。2001年施行の「川崎市子どもの権利に関する条例」の策定にも携わり、条例の具現化を目指した「川崎市子ども夢パーク」の所長を15年間務めた。

 オンラインで登壇したにしのさんは、昨年度の全国の不登校の児童生徒が過去最多となったことや、小学校低学年でいじめが多く報告されている現状に触れ、親が先回りして子どもの失敗を未然に防ぐことは「子どもの自信を奪う」と指摘した。

 川崎市子ども夢パークで泥だらけになって遊ぶ子どもたちの姿を紹介しながら、五感を使っての外遊びは「非認知能力」(数値化できない、生きていくために必要な力)を高めると強調。「子どもの好奇心の芽は摘まない。『正しい親』を頑張らなくていい。『ゆる親』でいい」とエールを送った。

この記事に「good!」と思ったら押してください

4good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2395

関連トピックス:ニュース

  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • じゃらら
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】子育て「ゆる親でいい」 NPO法人たまりば理事長・にしのさん講演会