とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

157view
5good

 NPO法人「ぷれいおん・とかち」(今村江穗理事長)が開設し、保護者らが自主運営している親子の遊び場「プレイセンターにじっこ」(帯広市西20南5)の活動が、今年度の独立行政法人福祉医療機構(本部東京)の助成対象となった。
【2020年06月10日付十勝毎日新聞に掲載】


【写真説明】福祉医療機構の今年度の助成を受けたプレイセンターにじっこの活動

 5月13日付で約166万円の助成を受けた。対象となったのは道内6団体で、十勝は同団体のみ。無料広報紙「コノコト」の発行や、おもちゃ購入など子どもの環境づくりに活用する。

 にじっこは遊びや学び合いの場で、親たちが運営していくことで子育ての自信やスキルを磨いていく。

 助成は昨年度に申し込み、行政でカバーしにくい子育て支援の場を民間の力で補うという趣旨や、帯広市内の「はぐくーむ」や他のプレイセンターなどとの連携が評価された。

 現在20家族が加盟し、0~4歳の子どもがいる。コロナ禍で活動できずにいたが、6月から本格的に活動を再開した。スーパーバイザーの資格を持つ嶋野奈津美さんは「コロナ対策をした上で、今後も地域と協力して活動していきたい」と話している。(松田亜弓)

この記事に「good!」と思ったら押してください

5good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2126

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 帯広葵学園
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】親子の遊び場「プレイセンターにじっこ」に助成~無料広報紙発行やおもちゃ購入に