とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1810view
35good

先日美しい絵に魅せられてふと手にした絵本が、子育ての喜びを再確認させてくれました。

子どものない老夫婦が、ある日出会った月のしずくの子どもたちを献身的に慈しみ育て、やがて月の母から輝く光の贈り物=女の子を授かるお話です。

読み終えて「もしも我が家に子どもがなかったとしたら、どんな生き方になっただろう」と考えました。

いかに三人の子どもたちと過ごした時間が、自分自身を育て視野を広げ、豊かな時間を創り出してくれたか、その大きさに気付かされるのです。

子育ては思うようにいかないことの連続ですが、思い悩んだ時は、初めて我が子を腕に抱いたときの喜びを思い出して欲しいです。

きっと、子どもの存在そのものを愛おしく感じられるはず。

あとは深呼吸して、もう一度子どもに寄り添いありのままを受け止めるだけ。

そんな寛容さの中で、案外子どもはたくましく伸びていくものですよ。

※絵本は「月のしずくの子どもたち」(BL出版)

この記事に「good!」と思ったら押してください

35good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=393

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 子育ての原点にかえって