とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

3755view
2good

 最近、長男(3)と次男(4カ月)をめぐる関係の変化が面白くなってきた。

 出産後の退院日。家に来た次男を床に敷いた布団に寝かせていた。長男がその様子を見ているだけなら良かったが、次男の体を踏み付けた。ベビーベッドは長男のときに使わなかったため家にはなく、慌てて購入した。

 妻は次男に付きっ切り。母親を取られた形になった長男にとっては、しばらく次男をライバル視し、たたくこともあった。「いつになったら、お兄ちゃんらしくなるのだろう」と心配した。

 そこで、長男と母親の時間をつくるため、私が次男の面倒を見る場面も増やした。私と妻で家事を手分けして、子供同士の触れ合いを見守った。長男には「赤ちゃんには優しくね」と言い続けてきた。

 すると最近、長男はすっかり兄貴分を自覚し、次男が泣き出すと、あやしてくれる。兄貴分の効果は例えば、長男が風呂に入りたくないと嫌がっても、次男を入れようとすれば、見本を見せようと風呂に駆け付ける。長男も機嫌良く風呂に入れられる。兄弟関係の変化を目の当たりにできる貴重な時を過ごしている。
(関坂典生)

<せきさか・のりお>
 1979年生まれ。第2子が誕生したのを契機に、十勝毎日新聞社の男性記者として初めて育児休暇を12月末まで取得中。


この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=280

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 帯広葵学園
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 【男記者の育休体験記⑥】兄の自覚 変化面白く