とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1023view
13good

わたしの父。

ちょっと早すぎかな、
63歳で亡くなってしまいましたが、

先日、「父の子育て」の話を聞かせてもらう機会がありました

母も若くして亡くなりましたが、 「わたし」が産まれたとき、 母の兄のお嫁さんと、同じ時期に産まれた赤ちゃんと よくいっしょに過ごしていたそうでした







ある日曜日。

母と、母の兄のお嫁さんへ 「デパートに行ってきたらいい」と、 父と、兄さまからの提案を受けて、

母とお嫁さんは 「じゃあ、2時間だけ!」と ウキウキ出かけたそうです

赤ちゃんと、朝から夜中も、 トイレへまで離せずにいっしょに過ごしていた母たちは それはそれは父たちに大大大感謝したそうです

「2時間」なんて あっという間!

でも本当にうれしくて、うれしくて!
デパートの中を駆け足で見て歩いたそうです(笑)

母たちが手にしたものは 赤ちゃんのお洋服や、おもちゃ、 父たちのネクタイや、靴下、 おばあちゃんたちへハンカチ、

自分のものはなんにも買ってきてない!(笑) ってなって、
大笑いしたそうです

(きっとこんなことは、いまの時代もおんなじ現象、「あるある」かもしれませんね )

久しぶりのお出かけに でも、息を切らして慌てて戻ったら



赤ちゃんを抱っこして 揺れてる父たちの姿がお迎えしてくれたそうです

泣いて泣いて、泣いて泣いて、 大変だった!って(笑)

トイレも行けなかった!って。

訴えていた若いパパ、父の姿を思い、
クスッとなりました

母たちって、

こんなちょっとの時間だけでも

うれしかったんだと思うし、

「わかる 」


自分のもの なんにも買ってきてなくても 大満足してるのが、わかる

いつの時代も、
こんなふうに、不器用ながらも 思いやりや、気づかう気持ち。

お互いにあると、きっとうれしい。

わかってくれない

わかってくれるはず

なんで、わたしばかり、

いろんな想いが子育て中は巡ります

言葉にしてほしいと思います

自分の中に湧き上がってくる気持ち、
パートナーや、
ご主人、
ご家族へ、言葉にしてほしいな、と
思います

ひとりで抱え込まないで きっと、そうだったか、って、 気づいてくれて、

ほんの少しだけだったとしても 気持ちを共有してくれる誰かの存在が

きっとあるはず、。

子育て

みんな、本当に本当にがんばってる、。ね、

応援しています

応援しまくります

この記事に「good!」と思ったら押してください

13good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2581

関連トピックス:コラム

  • 十勝毎日新聞電子版
  • じゃらら
  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 父の子育て