とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1083view
7good

親であれ、保育者であれ、教員であれ、子ども達と関わる機会がある人は、「手伝って」と子ども達に頼られる機会も少なかれあると思います。

もちろん状況にもよると思いますが、「自分でやりなさい(考えなさい)」と言っていませんか?

はい。みなさん言ってますね。

では、続けてもうひとつ質問をさせてください。
子ども、部下、後輩などがどうしていいかわからずに困っている時、「わからないなら聞きなさい」と言っていませんか?もしくは心の中でそう思っていませんか?

はい。みなさん言ったことありますね。

これはダイオウグソクムシが住む深海よりも深い問題ですよ。
小さな時に「手伝って」を断られた経験をたくさん積むことで、〝援助要請〟のハードルが高くなってしまうのです。

アリの巣コロリより危険です。

では、どうしたらいいのか?ここが重要ですよね。
大人が援助する割合を調整すればいいのです。

すべてをやってあげると100の援助ですよね。これを90の援助に減らし、10は自分でやってもらう。次の段階では、援助を80に減らし、20は自分でやってもらう。これを、70、60、50、、、、と援助の割合を調整していけばいいんです。

100か0で考えるのではなく、1から99の援助量で調整するのがベスト。

ここで〝禁句〟があるので要注意。
「自分でできるでしょ!」です。
自分でできるのだとしても、疲れているときもあるし、甘えたいときだってありますよね。
ボクなんて毎日甘えたいですし、つねに100援助してほしいです。
はい。ダメ人間です。

ダメ人間は放っておいて、かわいい子ども達には「じゃあ今日はこれくらい手伝うね」そんな風に言ってあげてください。

この記事に「good!」と思ったら押してください

7good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2579

関連トピックス:コラム

  • 情報投稿ポスト
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 帯広葵学園
  • じゃらら

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 「自分でやって!」は危険です。