とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

204view
2good

 政府が、希望しても認可保育所などに入れない待機児童の解消に向け、2021年度から4年間で約12万人分の保育の受け皿を新たに整備する方向で調整していることが26日、分かった。24年度末までに約337万人分の受け皿確保を目指す。現行の「子育て安心プラン」に続き、20年度中にまとめる新たなプランに盛り込む。
【2020年09月27日付十勝毎日新聞に掲載】

 厚生労働省が公表した今年4月1日時点の待機児童数は1万2439人。保育所の申込者数284万2000人に対し、受け皿は313万5000人分整備されている。20年度末には324万7000人分に増やす計画だ。

 しかし、首都圏などの都市部を中心に想定を上回る申込者が出ているため、待機児童は依然として発生している。政府は17年に策定した子育て安心プランで、18年度から20年度までの3年間で待機児童を解消すると明記したが、目標達成は難しい状況だ。

 20年度中にまとめる新たなプランには、保育所などで働く保育士の待遇改善や負担軽減策も示す。
(時事)

この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2188

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】保育受け皿 新たに12万人 待機児童解消で21年度から政府