とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

76view
1good

 【広尾】町は新たな子育て支援事業として、「ファミリー・サポート・センター」の開設準備を進めている。子育て援助を希望する町民と応援できる町民が会員登録し、助け合う有償ボランティア組織で、来年度からの運用を予定している。現在、子育てのお手伝いに応じる町民を募集している。
【2021年11月12日付十勝毎日新聞に掲載】

 ファミリー・サポート・センター(通称・ファミサポ)は、共働き世帯の多い帯広市などで運用されている事業。一時的で補助的な育児援助(各種施設への送迎、保育施設の時間外や学校放課後の子どもの預かりなど)を、地域の住民が有償で担う。

 町の場合、援助を求める町民を「依頼会員」、援助を担う町民を「サポート会員」と定義。サポート会員は20歳以上の子育て援助に理解のある人が対象で、救急救命講習(3時間、1回のみ)の受講が義務づけられる。

 援助活動の時間帯は午前7時~午後7時。終了後、依頼会員から料金がサポート会員に支払われ、料金単価は平日が30分当たり300円、土日・祝日は同400円。活動時間外は30分当たり400円。交通費が発生する場合は実費分は別途支払う。万一の事故に備え賠償保険に加入する(個人負担はなし)。

 町はサポート会員の確保のめどが付き次第、依頼会員の募集・登録を開始する。ファミリー・サポート・センター準備室(保健福祉課内)では「子育て支援に応じられる時間的余裕がある人に協力してほしい。町としてもバックアップするので、関心のある町民は相談を」と呼び掛けている。

 問い合わせは同準備室(01558・2・0172)まで。

この記事に「good!」と思ったら押してください

1good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2347

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 子育て 町民が助け合い 来年度から「ファミサポ」 広尾町