とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

5073view
4good

 子どもたちが弁当作りを体験するイベント「弁当の日がやってきた!」が23日、帯広市内のとかちプラザ調理室で開かれた。
3回目で初の帯広開催となり、市内と芽室町の小学3~5年生9人が参加。
食材の購入や調理、後片付けまでやり通し、達成感あふれる表情を見せていた。

(松村智裕)

【2017年4月24日付十勝毎日新聞に掲載】
※文中の年齢や肩書き等は掲載当時のものです。



 長岡行子代表、渡辺文子さん、上野美幸さんの3人の母親による実行委員会が主催し、福原(帯広)が協力。
昨年10月に芽室町、同11月に音更町で開かれた。

 子どもたちは、
自分たちで描いた弁当の「設計図」に沿って、
おにぎりや卵焼きなどを調理。
ピーマンの肉詰めなど本格的な料理をこなす女の子や、おかずを肉尽くしにした男の子など、
それぞれの感性で弁当づくりを楽しんだ。

 姉妹で参加した小林美月さん(帯広啓北小5年)、実和さん(同3年)は
「お母さんの大変さがわかった」(美月さん)、
「タコさんウインナーでちょっと失敗したけど、またつくりたい」(実和さん)と話し、
満足そうに自分の弁当をほおばっていた。

 この日はコミュニケーション技術「コーチング」資格者(米国CTI認定CPCC)の早川靖志さん(音更)が親向けに講座を開き、
相手の思いをくみ取る話の聞き方などを紹介した。


この記事に「good!」と思ったら押してください

4good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1141

関連トピックス:ニュース

  • 帯広葵学園
  • 情報投稿ポスト
  • じゃらら
  • 十勝毎日新聞電子版

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】子どもたちの感性豊かなお弁当完成~「弁当の日」第3弾が開かれました!