とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

5934view
34good

  絵本の読み聞かせは、語彙数が増えたり、想像力が豊かになるなどの効果があると言われております。

  さらに本好きに育つとも言われておりますね。

  また、小さいうちにいわゆる名作を触れ合うことにも凄く意味があることだと思います。

 皆さんも、今でも覚えている桃太郎や浦島太郎などの童話は小さい頃に読み聞かせしてもらった記憶からではないでしょうか?

  しかし、絵本の読み聞かせの大切なところはもっと別なところにあると私は思います。

  それは、物語の内容を覚えていることよりも内容は忘れてしまったけど、たくさん読み聞かせをしてもらったという記憶です。

  知識や教養を超えた〝愛情〟として心に残るのです。

  読み聞かせの最大の目的は親子のコミュニケーションと言ってもいいと思います。

  その、コミュニケーションをとる絵本としてオススメの1冊を紹介したいと思います。

「しかけのないしかけえほん/のぶみ」

  この本は、親子が一緒に楽しめるしかけがいっぱいで、遊ぶ絵本です。

 絵本を読まないお子さまでも楽しめると思います。

この記事に「good!」と思ったら押してください

34good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=633

関連トピックス:コラム

  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版
  • じゃらら
  • 情報投稿ポスト

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 読み聞かせの記憶