とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

141view
3good

 2月18日に発売された書籍「365日笑顔でいたい! 母と子のための子育てコーチング」をご紹介します。著者は石谷二美枝さん(56)。美唄市生まれで、幼稚園教諭として長年勤務してきました。2004年からコーチングを学び、フリーランスで起業。道内で1人目の子育てコーチとなり、研修や講演に多忙です。母親や教員向けの人材育成・コーチングに加え、受験に対するメンタルトレーニングを行っています。
【2020年03月13日付十勝毎日新聞札幌面「若林聖子の遊楽ナビ」に掲載】


【写真説明】著書をPRする石谷二美枝さん

 -十勝とのゆかりは。

 04年に起業して、最初の講師デビューが芽室幼稚園で行われた帯広私立幼稚園連合会の講演会だったのが思い出深いです。それからも何度か十勝を訪れています。大きな空やおいしい食べ物が大好き。なにより十勝には信頼できるママ友達も多く住んでいるので、また行きたい場所です。

 -新型コロナウイルスの感染拡大の防止策で、道が「緊急事態宣言」を出し、道内の学校が臨時休校しています。

 子どもの健康と安全を守るのに、身も心もピリピリしていることでしょうね。一日中、育児をしているママさんは、子どもたちと一緒にお昼寝や大声で遊んでストレスを発散しちゃいましょう。働きながら育児をしているママさんは、「こんなに頑張っている私はえらい!」と自画自賛しちゃっていいですよ。

 ママさんたちは自分で気がついていないかもしれないけれど、相当なストレスを抱えていると思います。非常事態に頑張っている自分をねぎらってあげてほしいです。「頑張っているよ~」と。

 -ズバリ子育てで大切なことは。

 完璧を求めないことだと思います。自分のキャパシティーを認めて「ま~いいか~」って少し気持ちを緩めてくださいね。どんなママでも子どもたちは「大好き」なんです。子どもへの見方を変えれば、子どもが味方になってくれますよ。

 -今回出版された「365日笑顔でいたい!母と子のための子育てコーチング」についてお聞かせください。

 私の幼稚園教諭時代の失敗談や子育て時代のこと、そして、子育てコーチとしてたくさんのお母さんから受け取ったことを余すところなく書いた本です。365日を通して、お母さんと子どもが出合うであろう出来事をイメージし、その時々の考え方や子どもとの向き合い方を優しくアドバイスします。読んでくださった方々からは、「優しい本」「最後は号泣した」と言ってくださっています。

 ありがたいことに、発売初日にAmazonでは在庫切れになってしまいました。現在は在庫がありますので、ぜひ手に取っていただければ幸いです。

 -最後に一言お願いします。

 実は11年の東日本大震災が発生した3月11日は、十勝で講座の講師をしていました。今、新型コロナウイルスが全世界にまん延し始めて、生活に不安を感じている点では似ている状況です。ママさんたちは、自分だって不安なのに、家族の命を懸命に守ろうとしています。無理しないで、助け合っていきましょう。自分一人で抱え込まないでください。

◇「365日笑顔でいたい!母と子のための子育てコーチング」
 出版社みらいパブリッシング、2月18日発売。192ページ。Amazon、紀伊国屋、三省堂書店などのネットショップまたは道内主要大型書店で販売中。石谷さんへの問い合わせはメールが「f.ishitani@coaching-p.com」。電話が090・9751・8762。コーチングプラスのホームページはhttp://www.coaching-p.com/


<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエ資格も有し札幌観光大使としても活躍。

この記事に「good!」と思ったら押してください

3good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2079

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園「あおいキッズハウス」
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】新型コロナでお母さん非常事態、頑張る自分、ねぎらって 石谷二美枝さん~若林聖子の遊楽ナビ