とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

3378view
8good

 年内で終わる育児休業の目的の一つが、次男(7カ月)の成長をしっかりと目に焼き付けること。あおむけに寝たままの乳児が、寝返りをするのは目に見える大きな変化。初めての寝返りの瞬間を妻よりも先に見ようと思っていた。

 次男は先月、次第に体を横にするしぐさを見せ、あと少しでできるという体勢で数日が経過した。

 そんな日常に見慣れたある日の昼。私が目を離した瞬間、妻が見ている時に寝返った。おもちゃで気を引いてもう一回やってもらおうと試したが、うまくいかなかった。「今日はもう疲れてできないのでは」と諦めたが、4時間後に寝返った。

 その姿はまだぎこちない、人生2回目の寝返り。翌日からは簡単に寝返り、今月は、ほふく前進をして自由に動き回る。初々しい寝返りは2度と見られない。成長過程を見られたのがうれしかった。

 子どもは、わずかながらも日々成長している。この変化を感じられるのが育児専業の喜びだ。仕事をしている時は日々の変化が激しく刺激的なのに対し、育児専業中は変化が少ないように見える毎日だったが、小さな成長を楽しめる時間が流れていた。
(おわり、関坂典生)

この記事に「good!」と思ったら押してください

8good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=285

関連トピックス:コラム

  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 【男記者の育休体験記⑪】寝返りに感動 専業でよかった