とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

906view
20good

とかち子育て応援ラボコラム #12

こんにちは!がんばるママの応援隊、ファミサポ提供会員のたかやです。
今年もよろしくお願いします!

みなさん、どんなお正月を過ごしましたか?
私は正月明けに、生理痛がひどくなり、正月疲れと重なってとてもしんどかったです。
毎月訪れる生理と、ママたちはどう付き合っていますか?
私は若い頃から、3日前になるとイライラがひどくなり、部屋が乱れ、子どものイヤイヤが受け入れられなくなります…。
もうこれは、ホルモンの仕業なので仕方がない。
産後1年間や、授乳中も、ホルモンバランスが乱れるから、イライラしやすいですよね。夫にイライラしちゃうのも、ママのせいではなく、ホルモンのせいです。お父さんもぜひ、その辺を理解していただきたいです。

なので、我が家は私が生理3日前になると、家族全員にお知らせをします。
「お母さんはこれから3日くらい、イライラして怒りやすくなりますが、気にしないでください!!」って。

そして生理が始まると
「お母さんはお腹が痛くて今日は休ませてもらいます」と宣言します。


我が家には、「お弁当券」という、ご飯支度をパスできる券が月に1回使えることになっています。このお弁当券は、コンビニでもスーパーでも、好きなお弁当を買える券です。
月1に使えるので、子どもたちは喜んで好きなものを買います。喜んでくれるから、罪悪感なく、堂々と使います!

このように事前に伝えていることで、子どもたちや夫との無駄なケンカを回避し、家族みんなが優しくしてくれます。私自身も痛み止めは飲みますが、生理期間中は甘いものを我慢せずに食べ、身体を労わるようにしています。生理が終わればむくみも気分も体重もスッキリすることがわかってるから。

以前の記事にも書きましたが、ママたちは自分のことを後回しにしたり、つい我慢したり無理したりしがち。お勤めの方には、生理休暇が保証されているところもありますが、ママには休暇自体がない!!

ちょっと休みたいなーと思ったら、お気軽にファミサポにお子さんを数時間預けてもいいんですよ。この一週間をゆっくりしたら、また家事も子育ても頑張れますから^^

お気軽にお問い合わせくださいね☟
家族に宣言もお勧めします。そうすれば、生理の時でなくても助けてもらえるようになるし、子どもが大きくなって生理のしくみを教えるにも伝えやすくなります。
人間だもの、1ヶ月全部頑張らなくってもいいじゃないですか(´∀`)

写真は、かわいい笑顔で遊んでくれたお子様。
今年もお預かりのお子様と楽しい援助時間を過ごしていきたいと思います♫

ファミサポの詳しい情報・お問い合わせはこちら

ファミサポを利用してみたい方はこちら→ファミサポってどんな感じ?

提供会員についてはこちら→提供会員募集中

関連記事はこちら→十勝毎日新聞電子版ジャーナル(無料公開中)

髙谷 麻衣(たかや まい)
1983年生まれ。札幌出身。
7年間保育士として勤めた後、結婚出産を経て2014年に帯広市に転入。
帯広市ファミリーサポート事業の提供会員として、家庭で子育てするお母さんのサポーターとして活動中。
その他、小学校での読み聞かせボランティアや子育てママのミニバレーサークルを運営。小学生2人の娘の母。


この記事に「good!」と思ったら押してください

20good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2386

関連トピックス:コラム

  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • じゃらら
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. ママの生理休暇♪