とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

228view
2good

 【浦幌】浦幌布絵本の会(山本ひとみ代表、会員5人)が11月21日、手作りの布絵本5冊を町立図書館などに寄贈した。
【2020年12月01日付十勝毎日新聞に掲載】


【写真説明】水野教育長に布絵本を手渡した会員。右から3人目が山本代表

 同会は2011年4月の発足以来10年間、町立図書館などに手作りした布絵本の寄贈を続けている。毎月第2、4土曜日に洋裁道具を持参し、町立博物館学芸員室で活動している。

 今回はふきのとう文庫の制作セットを活用して「おむすびころりん」1冊と、「Greeting」「だれのうち?」各2冊の計5冊を作った。

 「おむすびころりん」は縦28センチ、横40センチの大きさ。「Greeting」は簡単なあいさつを英語で表記。「だれのうち?」は町子育て支援センターと浦幌幼稚園に贈る。

 この日は山本代表ら会員5人が、町中央公民館で水野豊昭教育長に布絵本を手渡した。

 山本代表は「自分たちが楽しみながら作っている。子どもたちが見てにこにこ顔になるとうれしい」と話し、水野教育長は「一針一針に込められた思いを大切に、子どもたちに日本の昔話などを伝えたい」と感謝していた。

この記事に「good!」と思ったら押してください

2good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2223

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • 十勝毎日新聞電子版

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】「一針に思い込め」 浦幌・山本さんら布絵本を寄贈