とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

5684view
43good

自分は子どものこと、ちゃんとかわいがってあげられているだろうか。
子どもがどうして泣いてるのか、わからない。私、母親失格なんじゃないだろうか。

初めての子育てで、子供がかわいくてしかたないけれど、そんな風に感じてしまう瞬間がある・・。
それって、しょうがない部分もあると思うんです。
子どもに関わる経験の絶対数が足りない。ぶっつけ本番なんですよね!

今は、少子化の影響もあって、我が子を持つまで、子どもと触れる機会が殆ど無い方も少なくないです。
そんな中で産まれてきた赤ん坊。
抱っこしても不安定だし、泣く理由もわからない、理解が難しい別の生き物みたい!
そう感じることも、あるかもしれません。

もともと持っているセンスの様なもので、頭がよく回るとか、身体の使い方が上手とか、個人差と同じように、小さい子供の扱いが上手な人と、あまり得意ではない人がいるような気がします。

子どもを産んで、母親となったら自動的に子どものお世話が上手に出来るなんてことは、無いんです。
ましてや、お父さんにとっては、未知の世界、かも?!
だから、不安にならなくても大丈夫。
はじめからきちんとできる必要は無いのです。

できなくて当たり前。でも、赤ちゃんは日々成長しています。
乳幼児期の環境って、その子の人生において、とっても大事な時間。
ですから、ここは迷わずに、人の手を借りてほしい。
一人ですべてを背負い込まないで欲しい。
SOSやHELP、どんどん出してもらいたいな!って思います。

 子どもとどう向き合っていけばいいのか、わからない。
はじめての子どもの時は、話しかけるのさえ、なんか、恥ずかしい!って言う感じ、わかりますよ~!
子どもと関わるのが苦手だなっという自覚がある方は、スキルとしてでもいいので、「子どもに応える」方法を1つ2つ教えてもらっておくと、良いのではないでしょうか?

私のおススメは、話しかけるのは難しくても、赤ちゃんが「あ~」とか「う~」とか、声を出したら、応えてみる。
「は~い」の一言でも良いと思います!
赤ちゃんも、お父さんお母さんも、お互いにだんだん慣れていって、一緒に成長してゆくのですね♪

この記事に「good!」と思ったら押してください

43good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=705

関連トピックス:コラム

  • じゃらら
  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 子育てはぶっつけ本番