とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1244view
14good

自分は何が好きなんだろう

この子は何が好きで、どんなことに興味があるんだろう

算数も、国語も
英語や社会、音楽や、美術、体育、。

親としてはまんべんなくがんばってほしいところ、。ですよね、。

我が家の双子の彼らも
高校1年生です

無事に2年生に進級できるかな、?という時期になりました

ひとりは「オレは料理人になる」と口にしだしました



決して、親が料理好きだったわけではありません

小学生の頃の「お弁当作り」のイベントがきっかけだったと思います

そこでは、親のコーチングもあり、
とにかく「信じて見守ること」が課せられました

ついつい、手も口も出してしまう我々「親」という生き物。

「手も口も出せない」という
ストレスな時間はハラハラどきどき、と、

とにかく苦痛でした(笑)

子どもたちは、というと、

はじめは、。親に何か言われちゃうかな?これでいいのかな?と
ふりかえり、ふりかえり、いましたが
「親が何も言ってこない」がわかると、
目の色が変わり、
それはそれは自由に、発想豊かに取り掛かります

楽しそうに。

失敗かな?も、
ぜんぜんものともせず、
楽しそうに取り掛かります

そこで見守り隊で参加してくださった猫又屋さんの猫さんこと、
野田さん。

安心で安全な野菜のこと、
「虫が喜んで食べてるキャベツがきっとやっぱり美味しいよね!」とか

フライパンの使い方や、調味料のこと。



その後もたくさんの料理への興味をプラスにしてくれていました

文字が文章になるとなかなか入ってこなくて苦労しているのは今もですが

好きで夢中なことを、さらに
「したい」「やりたい」「やってみたい」への意欲は、苦手なこととどう向き合うのか、も考えさせてくれました

映像で理解して
文字起こししてゆっくり理解していく練習とか、
面白かったというドラマの漫画を買って、
絵を見ながら、場面を思い出しながら文字を追うとか、。


そんな姿にわたしも励まされること、たくさんあります

応援したいです


先日、いつも本当にお世話になっています焼肉赤いとうがらしのマスターに

「オレ、料理の道に進みたいと思っています」と告白をしたこうへい



マスターも大喜びしてくださり、
「ここでしか買えない札幌プリン」
をベスでも買えるように提案してくださいました



「売り上げの一部を、。
君の夢のために」と、。



・・・・・

好きで夢中になること

その子のだいすきや
興味があることがそのまま夢に繋がるかはわかりません、。

でも、口にしていくこと、。

その先にある「もしかして」が
見えるきっかけを見つけられるかもしれないこと

その先にいる「誰かに会える」かもしれないこと

大人にも、わたしにも言えることです

やりたいこと、
やってみたいこと
感じてみたいこと
触れたい空気や身を置きたい場所

口に出してみてほしいと思います

誰かに会えて
誰かと何かが始まるかもしれない

自分を応援してもらえるかもしれない
自分で自分をだいすきになれるかもしれないもっと。


そして、双子くんの、もうひとりは、。

「数学」が楽しいらしく
数学だけ、特進クラスにいるらしいです
数学だけ(笑)

そして、
学校の授業だけでは足りなくて
家庭教師さんに来てもらい
数学に浸っています

我が家にはいなかったタイプに
戸惑う母ですが、。(笑)

楽しいの先には何が待っているかは
わかりませんが、、

見守れる母でいれたら、。と
思っています

この記事に「good!」と思ったら押してください

14good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2590

関連トピックス:コラム

  • 情報投稿ポスト
  • じゃらら
  • 十勝毎日新聞電子版

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 好きは最高