とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

261view
1good

 今年度で閉庁する帯広少年院(曽和浩院長)の農場に1日、隣接するさくら保育園の園児が訪れ、大きく実ったジャガイモの収穫を楽しんだ。
【2021年10月6日付十勝毎日新聞に掲載】



 少年院の取り組みを地域に発信し、その存在意義について理解を深めてもらおうと、同少年院が2017年から行ってきた。閉庁に伴い、今回で最後の収穫体験となる。農場では、9月までに在院していた少年らが春にジャガイモを植え、管理を続けていた。

 1日は園児22人が、少年院や同保育園の職員の手伝いを受け、ジャガイモ掘りに挑戦。約140キロを収穫し、保育園に持ち帰った。

 参加した園児(4)は「大きいのがいっぱい取れて楽しかった」と笑顔で話した。

この記事に「good!」と思ったら押してください

1good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2337

関連トピックス:ニュース

  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】最後の収穫体験 たくさん取れた さくら保育園 帯広少年院で