とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

168view
4good

 【大樹】町内の子育て支援団体「尾田おやじの会」(石倉豪代表)は1日、町福祉センターで子ども向けの救急救命講習と通報訓練を行った。
【2021年02月07日付十勝毎日新聞に掲載】


【写真説明】キットで胸骨圧迫を体験する児童ら

 緊急時の対応を学ぶことが目的。幼児や小学生の16人に保護者らを含めた計25人ほどが参加。大樹消防署の救急救命士村本授(さずく)さんが講師を務めた。

 参加者は数人が119番通報を疑似体験した後、映像で心停止や心臓マッサージ、AED(自動体外式除細動器)について学習。それぞれがトレーニングキットで胸骨を圧迫する心臓マッサージを体験した。

 村本さんは「小学生から心肺蘇生に慣れ、大人になってからも抵抗なくやってほしい」と呼び掛けた。参加した児童にはジュニア救命士認定証を贈呈。大樹小1年の坪蓮斗君(7)は「すごく勉強になった。誰かが倒れていたら、命を助けることをしてみたい」と話した。

この記事に「good!」と思ったら押してください

4good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=2250

関連トピックス:ニュース

  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】ジュニア救命士養成~大樹・尾田おやじの会