とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

519view
8good

【幕別】子どもはボール遊びが大好き。最近は子どもたちの外遊びが減り、体力や運動能力を身に付ける場が少なくなっている。そうした中、小さい子どもたちが楽しめる「バルシューレ」という、新スポーツが広がりを見せている。
(川野遼介)
【2018年3月4日付十勝毎日新聞に掲載】
※文中の肩書きや年齢等は掲載当時のものです。



【写真説明】札内さかえ保育所で開かれた「ベビーバルシューレ」。フラフープを使ったいろいろな遊びで盛り上がった

 バルシューレは直訳すると「ボールスクール」。子どものボールゲーム教室のことで、ドイツのハイデルベルク大学で開発され、日本をはじめ世界各国で普及している。特定の種目ではなく、ボールを使ったさまざまな遊びを通して、基礎運動能力や自発性を向上させるのが特徴だ。

 かつては子どもたちが外で好きに遊べる場所があったが、公園の減少や習い事が増えることにより遊ぶ時間が減っている。これに呼応するように、子どもたちの体力も低下しているのが現状だ。バルシューレが考案されたのはこうした背景があり、子どもたちが楽しむことで無意識に技能を身に付ける狙いもある。

 2月末には幕別町の札内さかえ保育所で「ベビーバルシューレ」(町教委、幕別子育て支援センター共催)が開かれ、親子39人が参加した。NPO法人幕別札内スポーツクラブの小田新紀クラブマネジャー、新倉榛名さんが講師を務めた。

 幼児向けに、ボールを使った遊びだけではなく、フラフープを使ったり親子で触れ合ったりして体を動かした。フラフープは親子で鬼ごっこや、ジャンプしてくぐったりなど、多用な使い方で遊び、ボールを使った遊びとしては的当てや籠入れなどで盛り上がった。

 町内の八木謙典さん(30)、あゆ美さん(30)夫婦は4月から入所する結心(ゆな)ちゃん(2)、大心(たいし)ちゃん(0)と参加した。謙典さんは「バルシューレは初めて体験したけれど、子どもたちが楽しんでいて良かった。保育所に通う勉強になった」と話していた。


【写真説明】ボールを使って的当てを楽しむ子どもら

この記事に「good!」と思ったら押してください

8good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1567

関連トピックス:ニュース

  • 十勝毎日新聞電子版
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】運動能力向上「バルシューレ」~ボール遊びで技能無意識に。広がる新スポーツ