とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

404view
11good

 大谷菩提樹会主催の保育士・幼稚園教諭向け研修会が25日、音更町文化センターで開かれ、保育園や幼稚園の環境づくりの第一人者の高山静子氏(東洋大学准教授)が講演した。
高山氏は「子どもに合った適切な環境をつくれば、子どもに豊かな経験をさせられ、情緒も安定する」と訴えた。講演の要旨を紹介する。
(丹羽恭太)
【2017年8月27日付十勝毎日新聞に掲載】
※文中の年齢や肩書き等は掲載当時のものです



/園は家庭のモデル/

 子どもにどんな経験をしてほしいか。
子どもを幼稚な存在ととらえているか、感性豊かな1人の人間ととらえているか。
子どもの力を信じているか。
保育環境には、こうした保育者の願いや子ども観が現れる。
毎日見る景色は子どもの原風景となり、価値観に影響を与える。
子どもを取り巻く色や形、材質や音が心を形づくる。

 だからこそ保育環境が大切なのだが、家庭を顧みるとどうか。
大人にとって都合の良い環境がつくられていないか。
テレビ文化や商業文化が浸透し、幼児期から大人のように物やサービスを消費して遊ぶことが増えている。
対して園には、子ども自身がつくり出す遊び、人との豊かな関わりが伴う遊びがある。
伝承する文化、季節感、丁寧な暮らしがある。
園は子どもの育ちを守る最後のとりでで、家庭のモデルだ。

/子どもありきで/

 「乳幼児期の教育は自発的な遊びを通して」。
保育者には当たり前のこの知識が、一般的には浸透していない。
大人の遊びは気晴らしだが、子どもの遊びはいま伸びようとしている能力を獲得する機会だ。
「遊ばせる、遊んであげる、楽しませる」というのは一般的なまなざし。
保育者のまなざしは、子どもの力を信じ、子ども自身が遊びをつくり出し、喜びを生み出すことを援助することだ。

 子どもが自律的に行動し、創造的な活動を展開するには環境づくりが不可欠。
求められる環境は地域や園の状況、時代によって変わるが、原則は「子どもありき」。
目の前の子どもの姿から、必要な環境を考えること。
子どもにとって、その環境が難しすぎても簡単すぎても適切ではない。
発達にぴったり合っていることを基本に、少し挑戦的な事柄をプラスした環境が適切だ。

/「素材」が大事/

 ヒントは自然環境にある。
子どもが必要としているのは、過度な刺激やおもちゃではなく、遊びの「素材」。
段ボール1つあればいろいろな物に見立てて遊ぶが、そこにキャラクターが描かれていたりすると想像力を伸ばせなくなる。
何かを一斉にさせるのではなく、主体的、自律的に生活する「時間」の環境をつくることも大切だ。

/「保育者にゆとり」相乗効果/

 子どもが主体的に活動できる環境をつくれれば、人的環境である保育者にゆとりが生まれ、丁寧な関わりができるようになる。
そうした環境を見せられれば、園や保育者に対する保護者の信頼も高まり、子どもも保育者もますます輝きを増すだろう。

<たかまや・しずこ>
 子育て中に保育士の資格を取り、他職種から保育士に転職。保育・子育て支援の現場を経て、九州大学大学院人間環境学府で教育学博士を取得し、保育者養成、研究の道へ。保育現場の持つ専門性を理論化し、現場に還元することをテーマとする。「環境構成の理論と実践」「子育て支援・ひだまり通信」など著書多数。

この記事に「good!」と思ったら押してください

11good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1356

関連トピックス:ニュース

  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 帯広葵学園

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【子育てニュース】乳幼児期は自発的な遊びを~保育環境づくりの第一人者 東洋大・高山静子准教授講演