とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

735view
27good

先日、東京に行き、生まれて初めて文科省に入り、文部科学大臣賞の表彰を受けて来ました。

受賞したのは、私個人ではなく、
学校支援地域本部緑丘小学校としてですが、
実際には平成19年に立ち上げた放課後居場所広場「みどりっこクラブ」の活動が10年目を迎え、
地域団体としてよくぞここまで、頑張った!というものではないかと思います。

ですから、
私はこの度の受賞は学校支援地域本部コーディネーターとしてだけではなく、
よんかけサポーターズクラブの代表者兼コーディネーターとして、頂いたと思っています。

「みどりっこクラブ」は、私達が日頃、放課後居場所広場として使っている俗称ですが、私達の正式な活動団体名は、「よんかけサポーターズクラブ」と言います。
「よんかけ」って、何だ?と思われる方が多いと思いますので、説明させて頂きますと…

「よんかけ」とは、私の3人の子供たちが通ったこの緑丘小学校の「PTA」に贈られた子育ての基本理念のようなものです。
今から40年程前、PTA社会部で何かPTAの柱になるような言葉を掲げようと、当時社会部付きの先生が考えられたと聞いています。

では、「よんかけ」子育ての基本理念とは…
1.目をかけよう!
2.手をかけよう!
3.声をかけよう!
4.心をかけよう!

の子供たちに対し四つの「かける」ことを言います。

私は長女が入学してまもなく、学校のガラス窓拭きに行った時にこの「よんかけ」の看板を発見し、感動しました。
「これこそが、子育ての基本だな…」と。

今、時代は変わり、
小さな子供からお年寄りまでが、常にスマホを片手に行動しています。
確かに、これ程便利で素晴らしい文明の利器はありません。

しかし…
赤ん坊にオッパイを授乳している母親が、オッパイを吸う愛しい我が子の顔や手を撫でたり、眺めたりもせず、ひたすら携帯をいじっている姿は、やはりおかしい…
せっかく家族揃ってご飯を食べに外に出て来たのに、
家族みんなが会話もせずに、各々無言で携帯をいじっている姿もおかしい…

「今日、学校で何かいいことあった?」
「何だか元気ないね?なんか、嫌なことあった?」
会話を通じて、子供を知ることができます。
子供もまた、気にかけてくれる親の思いに気づきます。
大きく成長しても、親に頭を撫でられたり、膝抱っこされるとホッとします。
そんな当たり前の子育ての基本である「よんかけ」が、私はとても大切であると思っています。

どうか、子育て中の皆さん、
改めて「よんかけ」を実践してみてください(^^)
私達スタッフは、いつもこの精神を忘れずに、
放課後居場所広場の活動を続けています。

保前明美(ほうぜん・あけみ)
旭川出身。帯広市PTA連合会会長を2年、北海道PTA連合会副会長を1年務め、現在帯広市PTA連合会顧問。2016年度日本PTA全国協議会年次表彰個人の部で受賞。放課後居場所広場よんかけサポーターズクラブ代表兼コーディネーター、帯広第五中学校・緑丘小学校学校地域支援本部コーディネーターとして、学校と地域を結びつける役割をしている。社会人の長女を筆頭に1男2女の母。モットーは「和して同ぜず」。

この記事に「good!」と思ったら押してください

27good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=931

関連トピックス:コラム

  • 情報投稿ポスト
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 「よんかけ」の精神で