とかち子育て応援ラボ

とかちの子育て世代を応援する!Webマガジン【毎日更新中!】

TOPICS

1902view
36good

子どもが成長していく中で、ボタンを留める、スプーンを使う、字を書くなど、身に着けなければならないチカラがあります。それをさりげなくサポートするのが指先を使った遊びです。

例えば、ビーズ紐通し。

これは、目と指先を同時に動かすチカラが育まれますので、字を書くチカラが向上すると言われています。

また、紐の先端を穴に通す動きは、ボタンを持ち、ボタンホールに通す動きと同じなんですね。

もし、字を書く練習ばかりさせたら…。
もし、ボタンを留める練習ばかりさせたら…。

間違いなく、嫌がりだすでしょう。だからこそ、ビーズ紐通しといった遊びで基礎的なチカラを身に着けることが大切だと思います。

“手は外に出た脳”と言われることがあります。

指先を使った遊びを多く取り入れる事でいろいろな成長の後押しをしてくれます。

俗に云う知育玩具は、そういったことを考えた玩具なのですが、洗濯バサミと段ボールでライオンを完成させるなど、家庭で簡単に作れるものもたくさんあるんですよ。

昔ながらの遊びもおススメです。

この記事に「good!」と思ったら押してください

36good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=403

関連トピックス:コラム

  • 十勝毎日新聞電子版
  • スキップ♪ | FM-JAGA
  • 情報投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 帯広葵学園
  • パパママワーク

人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 指先を使った遊びの大切さ