TOPICS

137view
4good


作:宮沢賢治
絵:茂田井武
出版社:福音館書店

親子で秋の読書にいかがでしょうか?
わが家の小学2年生に読み聞かせている本です。

宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」や
「注文の多い料理店」など
とても有名な本をたくさん書いています。

文章も独特だし、小学生とっつきにくいのかしら…?
と思っていましたが、この本ははまりました!

あらすじは、
ゴーシュは楽団でセロを弾いているのですが、
みんなに馬鹿にされるほどへたくそ…。
「見返してやりたい、もっとうまくなりたい!」と
いう気持ちで、毎晩毎晩練習します。
そんな夜に、三毛猫やカッコウやたぬきなどなど
動物が次々と現れて…。

この動物とのやり取りする
言い回しが面白い!
今はあまり使わないような
独特の言い回しが、子どもには新鮮なよう。

絵も大きな魅力です。

ちなみに小学2年生は大笑いして、
聞いていました。
読み聞かせる大人も演技力満載でどうぞ。

この記事に「good!」と思ったら押してください

4good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1371

関連トピックス:よむ

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング
人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. よむ
  3. 【オススメ本】独特の言い回しが子どもに新鮮『セロひきのゴーシュ』

とかち子育て応援ラボホーム