TOPICS

403view
17good


“対象の人やサービスにおいて、
その魅力が最もよく伝わる方法を考えること“

魅力を伝える媒体というのはたくさんあります。
テレビ、Web、雑誌などなど。

そして、それぞれに専属のディレクターという人がいます。
テレビディレクター、
Webディレクター、
雑誌だと編集者など。

でも魅力を伝えたいクライアントの立場から
みると、どの媒体で伝えるかは次のステップで
まず最初に「自分はどんなお客さんに知ってほしいか」
というところが必要なはず。

それによって適切な発信媒体はテレビなのか
Webなのか決め、それぞれのルールや伝わり方を
意識した情報発信をする。

私はそんな関わり方がしたい!と思ったときに
例えばWebディレクターになってしまったら
Webにつながる仕事しかできなくなってしまう。

雑誌を作る会社にはいったら雑誌しか作れなく
なってしまう・・・。

私がやりたかった仕事は、まだ肩書きがない
仕事なのかもしれない。

こんな悩みを抱えていたのが1年ほど前のこと。

次回からはそこから会社を作るに至るまでのお話です。

<続きます>

神宮司 亜沙美(じんぐうじ・あさみ)
大樹町地域おこし協力隊。
中学卒業まで大樹町で過ごし、15年ぶりにUターン。自然に囲まれた地元で子育てをしながら、地方でも女性が活躍できる仕事を作る!ために2年後の起業に向けて、日々様々なことにトライしている。
2015年12月に元システムエンジニア&ライターとしての経験を活かし、大樹町のいいなを紹介するローカルメディア「ソラユメ」を立ち上げる。
大樹町在住、夫(33歳)、息子(1歳)の3人家族。

大樹町地域おこし協力隊
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/
ソラユメ
http://sorayume-taiki.net/

この記事に「good!」と思ったら押してください

17good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1354

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 投稿ポスト

人気記事ランキング
人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 私の起業日記⑤ 今はない仕事の作り方

とかち子育て応援ラボホーム