TOPICS

500view
23good


写真は
版画家小林煌さんの作品です


我が家は小学校5年生と2年生の娘がふたり

長女が生まれたとき
それはそれは可愛くて
全てがいとおしくて、この子のためなら何だってしよう
そう思いました

それは今もずっと変わらないこと

次女を授かったとき
長女は2才

生まれたときからずっとかわいい
大好き、いとおしい長女

だけど
時々とてもイライラさせられる

怒っちゃいけない
いつもニコニコ穏やかなお母さんでいたい

そう思えば思うほど
私を押し込めるほど
感情的になるのです

イライラが爆発して
2才の長女をしかったことに自己嫌悪

怒っちゃいけないと思うこと
怒っちゃった自分を責めること
これが苦しいことだと
今になって思います


お世話になった幼稚園の先生に
子どもにイライラして仕方ない
どうしたらいいですか?
と質問したお母さんがいました

私もその答えが知りたくて
先生の答えに期待しました

先生は
「もっともっとかわいがったらいいよ
ダッコしてあげてね」
と答えました

イライラしているのにかわいがるなんて
そんなことできるの?

半信半疑でした

でも、不思議なことに
長女を抱き締めると
すぅーっと優しい気持ちになるのです

嬉しいときも
悲しいときも
イライラして叱ってしまったときも

ダッコをするとすぅーっと

まるで私が抱き締められているよう

版画を見たときに
長女とのダッコを
そのまま描いてくれたものに思えました


次女は、自然にたくさんダッコしますが
いつの間にか少なくなっていた
長女とのダッコ

お互いに遠慮しているけど
もっともっとダッコしよう❗

もう5年生だけど
まだまだ5年生

私も長女もダッコが大好き
だってダッコするだけで
私も長女もしあわせで満たされるから

最近は、人前ですると怒られますよ
でも、まだまだ
ダッコのしあわせは大切にしていきたいのです

Profile
渡辺文子
1975年札幌出身、芽室在住。
2児の母。
雑穀料理「つぶつぶサークル『縁が和』」、授乳服「モーハウスサロン」主宰。
14年から「認定産後ドゥーラ」として訪問サポート活動。
「お母さんが笑顔ならみんな笑顔」がモットー
ブログ⇒http://ameblo.jp/furikanofu/


この記事に「good!」と思ったら押してください

23good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1321

関連トピックス:コラム

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 勝毎花火大会
  • スキップ♪
  • 投稿ポスト
  • パパママワーク
  • 十勝毎日新聞電子版
  • パパママワーク

人気記事ランキング
人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. だっこのしあわせ

とかち子育て応援ラボホーム