TOPICS

318view
9good

十勝毎日新聞子育て面(毎週日曜)から、ママ、パパの生の声を伝える特集記事「ニコのびクラブ」をご紹介します!

赤ちゃんの成長が遅ければもちろん心配だけど、
太りすぎればそれはそれでまた不安。
母子手帳の発育曲線と、
わが子を見比べながら悩む親も多いのでは。
赤ちゃんの体重にまつわるママの声や、
専門家の見解を聞いた。

(丹羽恭太)

【2017年3月5日十勝毎日新聞に掲載】
※文中の年齢や肩書き等は掲載当時のものです。


「同じ時期に産んだ友人の子どもと比べてかなりぷよぷよしていて、真剣にダイエットを考えた時期もありました」

 帯広市内のパートAさん(32)は、
1歳6カ月になる長女の成長を振り返る。
長女は6カ月の時点で体重約9キロで、
発育曲線の上限を若干オーバー。
友人の子どもがくるくる寝返りしているのに、
長女はあまり活発に動かないことも心配だった。
【写真説明】子どもの成長を実感する「発育曲線」

「おっぱいをあげる回数や時間を減らそうかと思ったけど、泣くのでついついあげてしまった」と話す。
結局、今でも体重は上限に近いが、
上手に一人歩きもできるようになっている。
「よく動くようになってきたので、そのうち引き締まってくるかと思って様子をみています」

 市内の主婦Bさんは逆に、
長女(4カ月)の小ささが少し心配だという。
小さく生まれた長女は今でも6キロ弱で小さめ。
「母乳はちゃんと出ているはずで、しっかり飲んでもいる。3歳の長男が平均的な大きさだったので余計に気になる。ミルクを足してみようか考えているところ」
と話す。


◇帯広市子育て支援課の保健師金田知砂さんの話◇

 子どもの成長は一人ひとり全然違う。
同じようにおっぱいを飲んでも、
身になる子もいればならない子もいる。
同じだけ食べても太る人とそうでない人がいる大人と同じ。
よその子と比べず、その子なりの発育を見守りましょう。

 大事なのは、
体重などの数字にだけ注目するのではなく、
数字の背景にある生活の様子に目を向けること。
親子ともゆったりとした状態で飲んだり食べたりしているのか、
飲み方や食べ方は上手か、
よく動くのかそうでないのかなど、
成長に与える要因はいろいろ。

 気になることがあったら、
健診の機会などに相談してもらいたい。
生活の仕方などについて話す中で、
お母さんと一緒に、
何か改善できるところに気付いていけると思う。


この記事に「good!」と思ったら押してください

9good

このページをシェアして友達に教えよう!
http://tokolabo.jp/tp_detail.php?id=1041

関連トピックス:ニュース

  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • 投稿ポスト
  • パパママワーク
  • パパママワーク
  • パパママワーク

人気記事ランキング
人気記事ランキング

  • 時間
  • 日間
  • 週間
  • 月間
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【ニコのびくらぶ】気になる赤ちゃんの体重~発育は十人十色、数字より生活の様子見て

とかち子育て応援ラボホーム